第7回 DVを考える若者フォーラム in ちばに参加してきました。



これは千葉県と「DVを考える若者フォーラムinちば」の共催で行われています。
(企画・運営は、千葉県から委託を受けたDVを考える若者フォーラムinちば実行委員会)
わたしも、おととしのフォーラムでは実行委員として参加していました。

実行委員会では、若者たちが自分たちの目線から 身近な場所で起こる暴力やDV、デートDVについて学び、実態調査などをし、勉強会やフォーラムを開催して社会に発信します。

大変勉強になるフォーラムで、わたし自身も実行委員として参加したことによって、DVや暴力についての認識が変わりました。

それまでは、DVや暴力を、一部の特別な人の間で起こるものと認識していましたが、誰もが加害者や被害者になる可能性のある問題、非常に身近で、自分自身も関わる問題なのだと今は考えています。

DVが起こる要因として、暴力を容認する社会の存在と、ジェンダーの格差などが言われています。
DVを無くすためには、誰もがDVの加害者にも被害者にもならないこと。そしてそのためには、身近な暴力に気づき、あらゆる関係の中で暴力をゆるさない社会を作っていくこと、つまり「DVの予防教育」が重要です。

今回の第7回フォーラムでは、恋人などの親密な関係の中でDVにつながる関係をつくらないためにはどうしたらよいのか、恋人関係そのもののをもう一度みつめてみようという内容でした。

若者自身が自分たちの問題としてDVを捉え、DVの予防を推進していくこのDVフォーラムは、今回7回目を迎えました。全国でも先進的なもので、以前から注目されています。
今後も是非継続して欲しい事業で、わたし自身、とても応援しています。

ちなみに千葉市ではDV予防にどのようなことをしているのかと思って調べてみました。

千葉市でもDV予防についてはこのようなパンフレットを作ったそうです。
若者向けDV防止啓発パンフレット「デートDVってなに?」

おととし作られたものでイラストも多くて非常に読みやすく、内容はとてもよい!
しかし、パンフレットとしておかれているところを見たことがない・・・と思って市役所に問い合わせてみました。

このパンフレットは学校などで講演会を開いたときなどに配ったり、公民館などに置かれていたそうですが、現在在庫数は非常に少なくなっているそうです。
上記のリンク先からダウンロードできるようになっています。

千葉市ではDVの相談窓口や被害を受けた方の対応などが去年から子ども未来局の健全育成課こども家庭支援室が担当になりました。
DVと子どもの虐待などはセットになっている事が多く、ひとつの場所で対応できるというのはメリットです。

DV被害にあった場合、加害者に居場所を知られないようにするために住民票を移せなかったり、精神的にダメージを受けたりするため、仕事になかなか就けないなどさまざまな不利益を受けるため継続的な支援が必要です。
このような
DVを受けた後の対応も、もちろん充実していく必要があるのですが、やはり根本的には誰もが加害者、被害者にならないような社会にしていかなければなりません。
元栓を締めなければ
、被害者は増え続けていくからです。

だからこそ、予防教育を充実していく事、そこに予算をつけていく事は、非常に重要です。
今のところ、千葉市が行っているDV予防は講演会やパンフレットの配布などだそうです。
また、去年の11月には千葉県と共同でパンフレットを配布し啓蒙活動などもしているそうです。
パンフレット

せっかく子ども未来局でDVのことも対応できるようになったので、千葉県のように若者たちが自主的に考え、自分の問題として捉え、広がっていくような活動をつくっていくこともしていけたらよいなと思いました。


 2/11(金)は市民ネットワークちばの総会でした。
各区の市民ネットワークの活動方針や予算の承認、そして各プロジェクトの発表などをしました。
市民ネットワークのルールである2期ローテーションについて、さまざまな意見が出され
今後もみんなで話し合いをしていく事を確認しました。

後半は候補予定者の挨拶。
市民が政治に関わっていくこと、新しい視点を常に議会に吹き込んでいくことによって、政治と市民の垣根をもっと低くしていきたい。一部のプロに政治を任せるのではなく、市民の間で動かしていくものにして行きたいと思います。



今日は、市民ネットワークの政策宣伝カーに乗って長沼原をまわりました。

よいお天気だったので、お散歩をされている方や、公園でゲートボールをされている方がたくさんいらっしゃいました。

午後は市民ネットワークちばの政策室のメンバーとして、議員の勉強会に参加。

夕方は生活保護受給者の居場所づくりについての学習会に参加予定です。


110210_1614~01.jpg

今日は、市民ネットワークちばの運営委員会でした。
これは千葉市各区の市民ネットで話し合い決めたことを代表が持ちよって、情報を共有したり、色々なことを決める会議です。

夕方は、3月5日に行う性別について考えるイベントについて、仲間と共に打ち合わせ。
自分たちのやりたいことや伝えたいことを、どのように分かりやすく伝えるか、話し合いました。


多くの人に伝わる言葉を見つけることは、一人ではけしてできないことです。
様々な活動の中で見つかっていくものだと思います。

言葉を見つけていくとは、大変で苦しいこともあるけれど、とてもやりがいと喜びがある作業だと思います。

「ビッグイシュー」というホームレスの自立支援をしている雑誌があるのですが、去年の6月から千葉駅でも販売が始まりました。
ビッグイシューは内容も非常に面白くて、以前から東京などで購入していたので、千葉駅で発売が始まった時は非常に嬉しくて、是非この活動を応援したいと思っていました。

今日の午前中は、そのビッグイシュー千葉のボランティアの方たちの定例会に参加しました。

わたしは今日が初めての参加でしたが、参加して本当に良かったです。
千葉で貧困問題に取り組んでいる方たちと知り合いになれたし、市民活動のあり方としてもとても勉強になりました。

午後は市民ネットワークいなげの運営委員会。
その後、稲毛駅で駅頭をしました。
高齢者の孤立と貧困、そして居場所づくりについてお話しさせて頂きました。

夜は、千葉ANGAでライブしました。
いつもお世話になっているライブハウスのイベントに出させて頂きました。
やっぱり歌を歌うのは楽しい。

その後友人と軽くご飯。
研究者の友人からアメリカ独立戦争の頃の話(バージニア州の憲法やパブリックハピネスの概念、ハンナ・アーレントなど)を色々聞いてとても楽しかったです。
忙しかったけど、充実した1日でした。

110205_1157~01.jpg
今日は祖母のお葬式でした。

わたしは孫を代表してお別れの挨拶をしました。


いつも、笑顔で迎えてくれたおばあちゃん。
わたしの成長を喜んでくれたおばあちゃん。
もう会えないと思うと本当に寂しいです。

ふとした瞬間に、おばあちゃんの様々な仕草を思い出したり、「おばあちゃんに今度こんなこと話そう」と思って、もういないことに気がついたりします。

祖母が存在した気配や痕跡が、わたしの中に残っていて、祖母の不在が、「存在した」ということを強く感じさせるというか、とにかく人の死というのは不思議です。


今回の帰省で、親や親戚の方と色々な話をしました。

家族のことで、お互いに新しい発見もあったりして、興味深かったです。
ずっと一緒に暮らしてきた中でも、その人について知らないことっていっぱいあるんだ、と当たり前のことを再確認し、お互い尊重しながら、そして適度な距離感をもち、自立しつつも、助けが必要な時には助けあえる関係を作っていきたいなと思いました。


しばらくは、特に祖母と同居していた家族は大変だと思うので、遠くからではありますが、見守っていきたいと思っています。

ところで、写真はわたしが通っていた幼稚園です。
お葬式が行われたお寺の敷地内にあって、自分にとっては懐かしい場所です。

通っていた頃はもっと大きな建物だと思っていたのですが、今日見たら、かわいい幼稚園でした。
わたしが大きくなったのに記憶は小さい頃見たイメージのままだったみたいです。

そうそう。
確認したら、やはりおばあちゃんのうちに暮らしていた期間がありました。
わたしが幼稚園に入るちょっと前から入ってしばらくのわずかな期間だったようです。

その後アパートに住んでいましたが、おばあちゃんちから近かったので、毎週遊びに行っていました。

本当におばあちゃんちは、わたしにとって大事な居場所の1つでした。

今日はお通夜です。
お通夜とお葬式は会場を借りています。

今日はわたしはお通夜の会場で泊まる予定でしたが、そうすると、おばあちゃんのうちに泊まる人が一人になってしまって寂しいということで、わたしもおばあちゃんのうちに泊まっています。

小さい頃、少しの間おばあちゃんちに住んでいたことがあるのですが、記憶が曖昧・・・。
もう既にみんな寝てしまったので、明日確認してみようと思います。

明日はお葬式です。

2月1日の朝に、突然祖母が亡くなりまして、現在実家(岩手)に帰省しています。
うちの方は、先に火葬なので、本日火葬が終わって、明日が通夜。明後日がお葬式です。

バタバタ忙しいですが、とりあえずわたしは身内用の野菜だけの食事づくり担当です。(お葬式が終わるまで植物性のものしか食べてはいけない決まりがあるのです。)


少しずつ、おばあちゃんがいないことを実感しています。
実家に帰って、なんだか色々懐かしいことを思い出したりもしています。
寂しく、ぽっかりしていて、存在と不在を両方感じる、不思議な気持ちです。

 今日はシリアからいらしている留学生の方と一緒にご飯会をしました。
クルミで作ったスパイスやヨーグルトでつくったペーストなど、とってもおいしかったです。
わたしは、三里塚ワンパック野菜という有機野菜でサラダを作りました。
野菜自体がとてもおいしいので、好評でした。

音楽の話やファッションの話、歌の詩を教えていただいたり、とっても楽しい時間を過ごしました。
そんな感じで今日は友人たちとのんびり過ごして、リフレッシュしました。
料理の写真を取り忘れてしまった・・・次の機会には是非写真を撮ろう。

今日は、千葉大の学生さんともいろいろお話をしたのですが、みんな面白い活動をしていて刺激を受けました。
今日話した学生さんは「ワンデイシェフ」(@木更津のKANDENCHIというお店)という1日だけシェフになって地域の方たちにお料理を提供して交流する活動もしているのですが、先日私はお客さんとして参加しました。
写真はそのときのお料理。とってもおいしかった。
ちなみにこの時、中国に留学経験した学生さんによる、肉まんづくりのワークショップも同時開催していました。
110115_1128~010001.jpg
味やバランス、お客さんとして感じた事などもお話しました。
さまざまな場所で、居場所作りや地域とのかかわりを模索する取り組みが行われています。
ワンデイシェフは千葉市でも出来ないかなぁ?

29日は市民ネットワーク千葉県の総会。総会後の交流会で、いろいろな市民活動をされている方とお話しました。交流会に来賓としていらした福島瑞穂さんと写真をパチリ。
福島さんとは、前回の「福島みずほの政治スクール」(宮本太郎さんの会)でお会いして以来。
写真を一緒に撮らせていただいたのは初めて。
国政のお話などもいろいろ伺えて、勉強になりました。

そしてその夜は、いつもご飯を食べに行っている「呼吸」の8周年イベントに出演し、友人と一緒にライヴをしました。
しっとりした曲をやったのだけど、わたしのMCのテンションが高くて漫才と間違われてしまいました。
まぁ、面白いとおっしゃっていただけたのでよかったよかった(笑)
連日東京に行ったりしていたのでさすがにちょっと明日はゆっくりしようかなと思います。



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM